早めの治療が重要になる胆管がんの特徴を紹介

NK細胞療法の特徴

NK細胞は人間の体にある自己免疫細胞になっています。この細胞はがん細胞を攻撃する細胞になっているため、がん治療にもかなり効果を発揮するのです。また抗がん剤や放射線療法に比べて副作用が少ないという部分も患者の負担を減らす上で期待がされています。

様々な病気の知識をまちめてみました!

白衣を着た人

糖尿病の元になる血糖値を下げる方法【医師と二人三脚で改善】

血糖値を下げる方法がありますが、それぞれ個人の体質によって下がり方や取り組み方も変わってきます。自分に合う下げ方を実践しましょう。

READ MORE
白衣の人

副作用の少ないがん治療!【QOLを高い水準で維持できる】

抗がん剤の副作用が怖くてなかなかがん治療に踏み出せない方も多いでしょう。そんな時には医師に別のがん治療を提案してもらうのがオススメですよ。

READ MORE
診断

乳がん検診を受けるなら【設備が充実した病院がオススメ】

乳がん検診を受けることによって、早期発見につながり自分の体を守ることが出来ます。小さながん細胞であれば比較的すぐに治すこと可能になるのです。

READ MORE

胆管がんの特徴的な症状

  • 黄疸
  • 白色便
  • かゆみ
  • 黄疸尿

胆管がんに施されるNK細胞療法のメリット!

診察

胆管がんの特徴

胆管は胆汁を流すための導管としての役割を持っています。その臓器にがん細胞が出来ることによって胆管がんとなるのです。胆管がんはがん細胞の成長速度が速く、他の臓器にも転移しやすいという特徴を持っています。

最先端の治療

通常、がんの治療では摘出手術、放射線治療、化学療法の三つの治療が用いられます。しかし転移や進行の早さによってこれら三つの治療では対処が難しいケースもあるのです。このような場合にはNK細胞療法が適しており、自己免疫細胞を利用した最先端医療の治療法として効果があります。

広告募集中