乳がん検診を受けるなら【設備が充実した病院がオススメ】

早期発見は優れた検査から!乳がん検診は専門外来で

複数の検査を行なう

一つの検査だけでは、検診結果のデータとしては参考にならないでしょう。もし乳がん検診を受けるのであれば複数の検査を一緒に受けるほうがいいですよ。マンモグラフィ検査とエコー検査を両方行なうことでより明確な検査結果を得ることが出来るのです。専門外来であればこうした検査を一つのプランとして提供していることもあるので参考にしておきましょう。

乳がん検診で行なわれる検査ランキング

no.1

視触診

乳がんはしこりになっていることが多く、視触診で発見できるため乳がん検診では必ず視触診を行ない、問題が無ければ検査を受けている本人の要望によって別の検査を行なうのです。そのためランキング1位を獲得しているのです。

no.2

エコー検査

エコー検査は超音波を利用して胸部に怪しい影がないか撮影する検査です。痛みもなく、時間も掛からないため検診ではこのエコー検査が多く利用されています。患者の負担にもなりにくいという部分も2位になっている理由に含まれています。

no.3

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査は胸を検査板で挟むことから、痛みを生じる方もいます。人によって痛みを感じないという方もいますが、最近では痛みを感じさせないような工夫を行なう病院も複数出てきました。痛みという部分がマイナスイメージをもたらしているためランキング3位です。

乳がん検診を受けるなら【設備が充実した病院がオススメ】

診断

検診

乳がん検診は地方自治体でも行なわれるほどメジャーな検診となっております。また自治体で行なわれる乳がん検診は費用が安く、地域によっては無料で受けることが可能になっている場合もあるのです。しかし検診は精度が重要になってくるので、しっかりとした検査を受けたいのであれば設備の整った専門外来を受診しましょう。

早期発見

高精度な検査機器によって乳がん検診を受けることで乳がんの発見を早めることが出来ます。早い段階で乳がんを発見することが出来れば乳房の切除を行なう必要もなく、投薬で完治できる可能性も出てくるのです。早期発見は自分の体を守る上で最も重要な取り組みと言えるでしょう。

広告募集中